トップ  »  はんな・さわらび療育園通所支援センター

はんな・さわらび療育園通所支援センター

はんな・さわらび療育園通所支援センターとは

はんな・さわらび療育園通所支援センターは、その前身である厚生省の重症心身障害児・者通園事業モデルB型の認可を平成8年12月に受け、さらに平成15年12月からは重症心身障害児(者)通園事業A型の指定を受け、地域在宅支援の一環として内容の拡充を図ってまいりました。
平成24年4月から通園事業は法制化され、未就学児は福祉型児童発達支援センター、就学児は放課後等デイサービス、18歳以上の方は生活介護へと移行し、多機能型事業所として在宅の重症心身障害児・者の方に対する療育や、ご家族等に対して相談および支援を行っています。

活動の紹介

支援の提供にあたっては、親切丁寧を旨とし、利用者が日常生活における基本的動作および知識技能を習得し、ならびに集団生活に適応することができるよう、事業所に於いて適切且つ効果的な指導訓練を行います。
具体的な支援内容は個々の個別支援計画に基づき行いますが概ね下記のとおりです。

①日常生活における基本的動作の訓練

スタッフ全員で入浴を始め、日常生活上の介護をサポートします。

②集団生活適応訓練

機能訓練担当スタッフや保育士が中心となって利用者の皆さんが興味を持って行えることをサポートします。

③創作的な活動の指導

個々の個性を引き出せるような個別支援を行います。

④給食の指導

言語聴覚士が中心となって快適な食事環境を提供し、楽しみながらも利用者様の将来を見据えた食事摂取指導を行います。

⑤利用者の自宅と事業所間の送迎

在宅利用者様とそのご家族のご負担を軽減し、快適な通所支援ができるよう、出来る限りお宅まで伺います。